初めてのBTOパソコンの選び方の流れ

初めてBTOパソコンに挑戦してみたい!と思っても、どうやって自分の欲しいパソコンを探せばいいかわからず戸惑ってしまう人は多いと思います。そこでBTOパソコン初心者さんのために簡単な流れを紹介します。この流れで探していけばきっとお目当てのパソコンに出会えると思います。難しいことではないので考えすぎず楽しく探していきましょう。

予算を決める

まず最初は予算を決めましょう。予算を決めるだけでパソコン選びがしやすくなります。BTOパソコンは激安から高ハイスペックのものまで幅広いので、ここをスルーすると決めるのに余計な時間がかかってしまいます。

大体の価格とスペックは、10万円以下はローエンド、10~15万円はミドルロウ、15~20万円はミドルハイ、20万円以上がハイエンドになります。オンラインゲームをしたいならミドルハイ~ハイエンドが一般的です。

BTOパソコンは自作PCと同じで購入後に自分でPCパーツを交換するなどカスタマイズ可能なので、無理する必要はありません。長い目を見てハイエンドのパソコンを購入すればコスパがいいですが、余裕ができたらパーツごとに入れ替えてハイエンドにしていくことも可能なのでお財布優先にしましょう。

目的を絞る

自宅用・ゲーム用・映像編集・仕事用なのかデスクトップパソコン・ノートパソコンなのか使用したい目的を決めましょう。

自宅用

ネットサーフィンしたり動画をみたりするくらいであればローエンド~ミドルロウで十分です。タイプもデスクトップ・ノートどちらでも好きな方を選んでいいでしょう。

ゲーム用

オンラインゲームを楽しみたいのならミドルロウ~ハイエンドを選ぶといいです。また、できるならゲームパソコンおすすめ.comのデスクトップを選んで下さい。ゲーム用のノートPCもありますが、性能と価格を考えるとデスクトップが安定です。

映像編集

動画制作・編集をメインでやりたいのならミドルロウ~ハイエンドがおすすめです。動画サイト用などの短い動画編集がメインならミドルロウ、映画など長めの動画編集ならハイエンドを選ぶといいです。映像編集は使用するソフトにもよりますが基本的にパソコンへの負荷が大きいので余裕があればハイエンドが安心です。

仕事用

自宅のみならデスクトップ、持ち運びするならノートパソコン。オフィスソフトメインの事務作業であればミドルロウで十分だと思います。ただ、ノートPCにするならSSD搭載のものを選ぶと作業しやすいのでおすすめです。

ショップを決める

予算と目的が決まったらいよいよBTOショップ探しに入ります。BTOショップといっても大手~マイナーなど探してみると意外と多いのです。全部のショップでパソコンを探すと時間もかかるし正直頭が痛くなります。そこで、初心者さんだったら大手BTOメーカーで購入するのをおすすめします。

大手のおすすめショップなら「ドスパラ」「マウスコンピューター」「フェイス」の3つです。それぞれ自宅用・ゲーム用のパソコンを取り扱っています。中でもドスパラは種類が豊富でサイトも見やすいので初心者でもパソコンが探しやすいです。配送も2日で出荷と一番早いのも特徴です。

また、実店舗も全国にあるので修理に出しやすいです。映像系やビジネス系ならマウスコンピューターがおすすめです。クリエーターパソコンもあるので探す手間も省けます。フェイスはノートパソコンの種類が豊富なのが特徴なので、ノートPCを探している人はフェイスがおすすめです。

カスタマイズに関してはわからなければ無理に変更しないほうがいいです。既存のものは提示価格の中で最高のスペックにしてくれているのでそのままでも十分だったりします。

最近の投稿

アーカイブ